英語の句読点の意味と違い、使い分け方をご紹介!

カンマ、ピリオド、コロン、セミコロンといった英語の句読点。

「それぞれどう使い分ければ良いの?」と悩まれた方も多いのではないでしょうか?

日本語の句読点は、「、」が読点(とうてん)「。」が句点(くてん)という2つしかありません。

そのため使い分けは簡単ですが、英語には複数の句読点があります。

まずは一つずつ確認して、理解を深めていきましょう。

目次

英語の「4つの句読点」を使い分けよう!

日本語の句読点とは異なり、英語には4つの句読点があります。

それが
カンマ【comma( , )】、ピリオド【period( . )】 の他に、コロン【colon( : )】、セミコロン【semicolon( ; )】
です。

英語が得意な方でも句読点の使い分けは難しいと言われています。

ただ、そんなハードルが高めの英文ルールだからこそ、きちんと使いこなせると「この人は英語ができる!」という 印象を持たれるのも事実です。
そこで今回は、英語の句読点を覚えるためのヒントとして、区切りの意味合いの強さ順に並べてご紹介していきます。

ここから順を追って、それぞれの意味について、詳しくご紹介していきましょう。

カンマ【comma( , )】

カンマ【comma( , )】は日本語と同じように、文節と文節の区切りや接続詞の後に使う読点です。

まずは下記の例文を見てみましょう。
注意点として、カンマの後ろにも半角スペースを忘れないようにしてください。

例文
“Stop watching TV, or you will be late for school.”
テレビを見るのを止めなさい、さもなければ、学校に遅れますよ。

“When I arrived at the hotel, she already checked in the room.”
ホテルに到着したとき、彼女は既にチェックインしていました。

また下記のように、名詞の並列表記にも使用します。

“I like fruits, vegetables, and seafood.”
私は、フルーツと野菜とシーフードが好きです。

最後に、日本語の読点「、」には無いカンマの使い方をご紹介します。

英語のカンマは、下記であげる例文のように、文の要素を囲い込んで区別する()カッコのような形でも使われます。
英文と日本文を見比べて、それぞれの国での表記の違いを知っておきましょう。

“I’m going to Okinawa, the southernmost prefecture in Japan, with my friends.”
友達と沖縄(日本で最も南にある都道府県)に行きます。

ピリオド【period( . )】

英語の4つの句読点の内で、句点と呼べるものはこのピリオド【period( . )】だけです。

日本語の句点と用法は全く同じで、文の切れ目に打つ使用方法です。
日本語の文法と少し異なるのは、次の文が続く時には、ピリオドと次文の先頭の間に1スペース(半角1文字分)を空けることです。

日本語では、このようなルールはありません。

もう1つの使い方は、単語の省略形です。
下記の例のように、略称の後に付けて使用します。
このピリオドの打ち方は、今まで自然に使ってきた方も多いのではないでしょうか。

例文
“Mr.”(敬称 Mister の略式)
“Vol.”(Volume 〜巻の略式)
“St.”(Street 道の略式)
“Mt.”(Mountain 山の略式)

コロン【colon( : )】

コロン【colon( : )】を使う際は、コロンの前と後に続く文が、内容的にイコールとなっていることが鉄則です。

日本語なら前後の文の間に、「それは/ つまり/ すなわち」など、説明や言い直す要素の単語が入ります。
注意点としては、ピリオド同様、コロンの後ろにも半角スペースを入れることを忘れないようにしましょう。

例文
“I bought some fruits: banana, apple, and lemons.”
果物をいくつか買いました。(それは)バナナ、リンゴ、そしてレモンです。

“She never comes to my party: she doesn’t like me.”
彼女は私が主催するパーティには来ません。つまり、私のことが嫌いないのです。

セミコロン【semicolon( ; )】

セミコロン【semicolon( ; )】は、コロンよりも少し区切り感が弱い句読点です。

文と文とを繋ぐという役割は、コロンと同じです。
しかし、コロンが前後の文が内容的にイコールなのに対して、セミコロンは前から後ろに時間や内容の流れで繋ぐニュアンスになります。

口語なら、接続語に “and / but / so ” などを使って、前後の文を繋げます。

下記例文を参照して、そのニュアンスをつかんでみてください。
ちなみに、ピリオドやコロンと同様に、セミコロンの後ろにも半角スペースを入れましょう。

例文
“I’m going back to my hometown; I will stay there for two weeks.”
私は帰省するつもりです。そして、そこに2週間いるでしょう。

“I went back to my hometown; I didn’t actually feel comfortable there.”
帰省しました。でも、実は居心地はよくなかったです。

“I will go back to my hometown; I’m going to have two weeks holiday.”
帰省します。だから、2週間休暇を取ります。


日本語では顔文字などでも使われているこれらの句読点ですが、本来の英文での使い分けについて、理解は深められたでしょうか。

カンマとピリオドの違いは分かっていても、コロンとセミコロンの違いについては「なんとなくでしか覚えていなかった」という方も多いのではないかと思います。

この機会に違いをしっかりと違いを理解して、どんどん使いこなしていってくださいね!

LINEでお届け


まもなく「ひとり貿易塾6期」募集スタート!
LINEにて優先的にご案内いたしますのでご登録ください

LINE公式アカウント
友だち追加

LINEでお届け

ひとり貿易塾6期
まもなく募集スタート!

LINE公式アカウント
友だち追加
セカワク公式YouTubeチャンネル
セカワク公式YouTubeチャンネル

この記事を書いた人

1988年大阪生まれ。カナダ留学と中国留学を経て、海外にて営業業務に従事。
帰国後に外資系ブランドの直営店にて販売業務を5年間経験。
2018年に卸流通企業へ転職し、海外事業部に配属。東南アジアでのバイヤー業務、オランダで1年間の駐在業務などを経験。
ひとり貿易塾を卒業後にユビケンにジョイン。貿易実務やスクール運営、広報、クラファンコンサル等を務める。

目次