輸入貨物代金の支払い猶予を受けられる「輸入金融」とは?

貿易金融には、輸出や輸入に必要な資金を銀行などから融資してもらうこと、またその業務のことなど、貿易に関わる金融のこと全てを指す総称です。

大きく分けると「輸出金融」と「輸入金融」になります。

大竹

今回は貿易取引の「輸入金融」についてご紹介しますので、より知識を深めていきましょう。

目次

シッパーズ・ユーザンスと銀行ユーザンスを理解しよう

シッパーズ・ユーザンスと銀行ユーザンスは、「輸入金融」の二本柱となるものです。

まず貿易取引では通常、買主である輸入者が売主である輸出者に商品代金を支払います。
本来は、契約時に両者で取り決めた支払い条件や期日を守って支払うものです。
しかし、時には輸入者がその期日までの支払いが難しくなることがあります。
こういったケースでは、輸出者が輸入者の支払い期日を延ばしたり、あるいは銀行が輸入者にお金を貸しつけたりすることにます。
そのような制度を「輸入金融」と言います。

一方、「輸出金融」は輸出者に貿易取引に必要な資金を融資することを指します。
それに対して、「輸入金融」は輸入者に必要な資金を融資する以外に、融資はしなくとも輸入者の支払いを猶予する場合も含んでいます。
つまり、支払い期日を先延ばしすることができます。

ちなみに、輸入者に商品代金である輸入貨物代金の支払いを猶予することを、「輸入ユーザンス」といいます。
そして輸出者(シッパー)が支払いを猶予する「シッパーズ・ユーザンス」、銀行が支払いを猶予する「銀行ユーザンス」の2つに分かれます。
このユーザンスは、英語で「輸出入代金の支払い猶予」の意味です。

シッパーズ・ユーザンスとは

シッパーズ・ユーザンス(輸出者による輸入者の支払いを猶予)は通常、輸出者が輸入者へ信頼を供与していることが必要です。

というのも、一般的に輸出者は輸出貨物の商品代金をなるべく早く回収したいと考えるのが普通です。
しかしシッパーズ・ユーザンスでは、L/C取引の荷為替手形決済よりも代金回収を先延ばしすることになります。
そのため、シッパーズ・ユーザンスは初めての取引などで用いられることは少なく、企業のグループ(本社と海外支社)間などで行われます。

シッパーズ・ユーザンスには2つの方法があります。
一つはL/C取引にはせずにD/A決済とし、輸出者が期限付き荷為替手形を振り出して輸入者がその期日に手形代金を支払う方法です。
もう一つは最初から荷為替手形決済にはせずに、船積み後(B/L発行後)30日までの支払いなど、双方が合意した期日に輸入者が送金する方法となります。

銀行ユーザンスとは

銀行ユーザンス(銀行による輸入者への支払い猶予)は通常、輸入貨物の到着後に輸入者が銀行に代金返済を肩代わりしてもらい、その代金返済するまでの支払いを猶予してもらうこと、またはその支払猶予期間のことを指します。

銀行ユーザンスには複数方法あるのですが、ここでは代表的な2つの方法をご紹介します。

本邦ローン(自行ユーザンス)について

輸入者は、輸出者との契約をL/C取引(外貨建て・一覧払い荷為替手形決済)で行い、輸出者が振り出した荷為替手形をL/C発行銀行が輸入者の代わりとして支払います。
この際、輸入者には外貨のままで貸しつけます。

輸入者の立場からすれば、輸出者に対しては契約通りの支払いを果たし、銀行には本来の支払期日を猶予してもらうことになります。

このユーザンスは、銀行が自行の資金で輸入者に融資するので「自行ユーザンス」とも呼ばれており、最も利用されている方法です。

外銀ユーザンス(アクセプタンス)について

輸入者は輸出者との契約をL/C取引(期限付き為替手形決済)で行い、輸出者が振り出した期限つき為替手形を、L/C発行銀行はL/Cで指定された日本以外の国にある補償銀行(リンバース銀行)に引き受けて(アクセプタンスして)もらいます。
そしてL/C発行銀行はその資金で輸入者へ融資、または支払いを猶予します。

手形期日には補償銀行とL/C発行銀行、またL/C発行銀行と輸入者との間で、それぞれ決済を行うことになります。

輸入はね返り金融について

銀行ユーザンスで、支払い猶予期日になっても輸入者が輸入貨物代金を国内販売先から回収できていないなどで返済できない場合には、円建ての銀行に切り替えます。
それを「輸入はね返り金融」と言います。

ちなみに、輸入貨物代金の決済について、銀行ユーザンスを利用せず初めから円貨で融資してもらうことを「直(じき)はね」とも言います。


いかがでしたでしょうか?

専門的な言葉が多くて入りにくいと感じた方も多いかもしれませんが、貿易金融はお金回りのことを理解する上で重要な知識となります。

大竹

少しずつでも、理解を深めていきましょう。

LINEでお届け

ひとり貿易塾満員御礼にて開講中です。
次期の募集はLINEにて優先的にご案内いたしますのでご登録ください

LINE公式アカウント
友だち追加

LINEでお届け

LINE公式アカウント
友だち追加
セカワク公式YouTubeチャンネル
セカワク公式YouTubeチャンネル

この記事を書いた人

大竹 秀明 大竹 秀明 一般社団法人まじめに輸入ビジネスを研究する会 代表理事

1974年生まれ 神奈川県横浜市出身
元ビジュアル系メジャーギタリスト (EMIミュージックジャパン)から34歳の時に貿易家に転身。
資金や語学力がない初心者でもクラウドファンディングを活用した貿易物販ビジネスが構築できる『ひとり貿易』を生み出す。
これまでのプロデュース実績は累計700件・15億円以上。
ひとり貿易コンサルタントとして10年間で1万人以上に講演指導を行い、日本郵便やYahoo!、東京インターナショナルギフトショーなどでも講演。
Makuakeエバンジェリスト・CAMPFIREキュレーションパートナー・GREENFUNDINGパートナーと、史上唯一の3大クラウドファンディング公式パートナーを務める。
「セカイをワクワクさせる貿易家を生み出す」 を理念として精力的に活動中。

目次