「三国間貿易」での取引における注意点

以前掲載した『「三国間貿易」の仕組みとは?』の記事では「三国間貿易」が行われる理由や特徴についてご紹介しました。

今回は、実際に「三国間貿易」取引を行うときに注意すべきこと、知っておくべきことについて解説していきます。

大竹

特に商品の輸出者や売主に関する注意点についてご説明しますので、しっかりと覚えていきましょう。

目次

手数料について知っておくべきこと

まず、「三国間貿易」の仕組みについて改めてご説明します。
「三国間貿易」とは、一般的に仲介者が輸出者(Shipper)と輸入者(Consignee)の間に立ち、三国間で取引するケースを指します。
そして仲介者の販売価格には、輸出者の売値(元値)にマージン(手数料)が上乗せされているのです。

・仲介者(A社):輸出者(B社)と輸入者(C社)の両方と売買契約を結ぶ。
・輸出者(B社):商品は輸入者(C社)に送り、商品代金は売主(A社)から受け取る。
・輸入者(C社):商品は輸出者(B社)から受け取り、支払いは売主(A社)に行う。

このように、3社それぞれが、他の2社と何らかの接点を持って取引を行うのが一般的です。
なお通常は、仲介者は輸出者の商品を第三者に販売できる代理店契約を結んでいることが多いです。

ちなみに「三国間貿易」という用語は貿易業界ではよく使われているのですが、法律用語では仲介貿易と言います。

「三国間貿易」取引を行う際、もっとも注意深く立ち回らなければいけないのが、仲介者、つまり、当取引における商品の売主です。
なぜなら、仲介者の買主への販売価格は、輸出者の売値(元値)にマージン(手数料)がプラスされているからです。

マージンが上乗せされていること自体は、「三国間貿易」の特徴であり、三者とも理解している事柄なので問題はありません。
しかし、仲介者は買主(=輸入者)に輸出者との取引価格を知られると、自分たちがいくら手数料をとっているかも分かってしまうため、その後の営業に影響する可能性があります。

極端な例になりますが、仮に仲介者が買主(=輸入者)に3,000円で販売している商品が、輸出者から1,000円で購入しているとしたら、買主はどう思うでしょうか?
おそらく買主は、「仲介しているだけなのに、手数料を取り過ぎだ!」と思うのではないでしょうか。
そして、今後は仲介者から購入せず、輸出者と直接取引できる道を探るかもしれません。

現代のインターネット社会では、商品の一般的な相場を調べることができます。
そのため、元値の200%にもなるマージンを乗せて販売するようなことはまず起きない話です。

しかし、買主は少なからず元値を気にしているので、仲介者は自分たちの輸出者との取引価格が公にならないよう、注意が必要でしょう。

仲介者と輸出者はインボイスの取り扱いに注意しよう!

貿易取引で流通する船積書類の中でも、価格が記載されている書類は「インボイス(Invoice/送り状)」と言います。
このインボイスは、「三国間貿易」において2枚流通します。

まず1枚は、輸出者(商品の荷送人)から仲介者(商品の売主)へのインボイス(①)です。
輸出者は、自社の輸出通関の際に必要な書類として、かつ仲介者への請求書としてインボイス(①)を発行します。

もう1枚は、仲介者から輸入者(商品の荷受人・買主)へ発行されるインボイス(②)です。
仲介者は、輸入者の輸入通関に必要な書類として、かつ輸入者への請求書としてインボイス(②)を発行します。

先程ご説明した、「買主に元値が分からないように」するためには、輸出者や仲介者はインボイス(①)を買主の手へ渡らないようにする注意が必要です。
そのため、通常の「三国間貿易」では、仲介者は輸出者に対して船積書類を買主に送らないように促します。
そして書類を入手したら、輸出者が発行したインボイス(①)を抜き取り、自身が作成したインボイス(②)への差し替えを行います。

この作業は、「三国間貿易」取引の実務における最重要ポイントとなります。

仲介者はもちろんのこと、輸出者の立場にある貿易事務の方も、インボイスが持つ役割をしっかり認識して書類を取り扱うことが、スムーズな取引に繋がると言えるでしょう。


今回は、「三国間貿易」取引の実務における注意点について解説しました。

特に手数料の仕組みと、インボイスの取り扱いについては大事なポイントとなります。

大竹

「三国間貿易」の仕組みについての理解を深め、スムーズな取引ができるようにしておきましょう。

LINEでお届け

ひとり貿易塾満員御礼にて開講中です。
次期の募集はLINEにて優先的にご案内いたしますのでご登録ください

LINE公式アカウント
友だち追加

LINEでお届け

LINE公式アカウント
友だち追加
セカワク公式YouTubeチャンネル
セカワク公式YouTubeチャンネル

この記事を書いた人

大竹 秀明 大竹 秀明 一般社団法人まじめに輸入ビジネスを研究する会 代表理事

1974年生まれ 神奈川県横浜市出身
元ビジュアル系メジャーギタリスト (EMIミュージックジャパン)から34歳の時に貿易家に転身。
資金や語学力がない初心者でもクラウドファンディングを活用した貿易物販ビジネスが構築できる『ひとり貿易』を生み出す。
これまでのプロデュース実績は累計700件・15億円以上。
ひとり貿易コンサルタントとして10年間で1万人以上に講演指導を行い、日本郵便やYahoo!、東京インターナショナルギフトショーなどでも講演。
Makuakeエバンジェリスト・CAMPFIREキュレーションパートナー・GREENFUNDINGパートナーと、史上唯一の3大クラウドファンディング公式パートナーを務める。
「セカイをワクワクさせる貿易家を生み出す」 を理念として精力的に活動中。

目次