管理のために製造会社がつける「ロット番号」とは

「ロット(Lot)」とは、同じ条件のもとに生産や製造する製品の「生産(製造)数量、出荷数量の最小単位」を意味する言葉のこと。

特に物流や貿易取引に関わるお仕事の方は、覚えておくと非常に便利です。

大竹

今回は、製造会社との貿易取引書類などで使われることが多い「ロット」についてご紹介しましょう。

目次

製造会社とのやりとりで使われる「ロット(Lot)」の意味を知ろう!

貿易の現場では、実に様々な会社との取引を行います。
例えば、穀物や果物などの自然物を取り扱う「物産会社」、車や電化製品あるいは化学品などの人が製造や加工を行う商品を取り扱う「製造会社(メーカー)」などです。
「ロット」という言葉は、その中でも製造会社とのやりとりの中でよく使われます。

一般的に製造会社は、たった1個だけの注文に対して応えて、わざわざ製造したり出荷したりするようなことはありません。
少ない単位の製造や出荷だとコストがかさんでしまうため、注文数量や出荷数量の最小単位となる「ロット」を取り決め、取引先に提示するのが基本です。

例えば1箱に入る数量が1ダース(12個)で、1箱から出荷することが可能な商品は、出荷数量の「最小ロット」を12個とします。
このため、24個や36個の注文には対応できますが、10個や20個という注文には応えられない、といったように最小単位の基準を決めることになります。

また商品の中には、100個以上、100kg以上など「○○以上」という数量でなければ採算に見合わないものもあります。
この場合、製造会社はその生産能力に合わせて最小注文数量となる「最小ロット」を取り決めることもあります。

「ロット」の中でもよく聞く「小ロット」とは?

このような形で「ロット」という言葉は使用されますが、「最小ロット」の他に「小ロット」という言葉も実務ではよく使われます。

「小ロット」とは、最小ロットに近い数量を指すことが多いです。
例えば「小ロットでの生産が可能です」といった形で、少量生産できることをアピールする際などに使用されています。

輸出者から発行される価格表(プライスリスト)には、「ロット(Lot)」という表記で最小注文数量や最小単位を明示されていたりします。
そのため、その内容や文脈をよく見て判断しましょう。

製造会社が管理のためにつける「ロット番号」について

ここまでにご紹介したロットの使い方の他に、よく使われるのが「ロット番号」という言葉です。

製造会社によっては、同じ商品でも製造年月日ごとに番号をつけたり、原材料が変わるタイミングで別の番号をつけたりして、商品を管理することがあります。
塗料などの化学品を製造している会社では、同一環境や同一条件で化学品を製造しても、化学反応次第で内容物が微妙に異なる場合があります。

例えば、ある物質が60%〜75%の主成分を占める化学品で、今日製造したものが62%の主成分だったとしても、翌日製造したものは71%になっている可能性もあります。
このように、一部の内容物が変化する商品は、通常ロット番号をつけて細かく管理されています。

上記のような商材を購入する輸入者もまた、成分に微妙な差があることを理解した上で、まずロット番号違いの複数サンプルを入手します。
そしてしっかりと試験をした結果、一番適合するロット番号を指定して輸入することがほとんどです。

「ロット番号」というのは、製造番号など会社によって「ロットナンバー」や「シリアルナンバー」など呼ばれ方が異なりますが、意味している内容は同じです。
「ロット」にはこうした使われ方をするということも覚えておきましょう。


「ロット」の意味や使われ方について、ご理解頂けましたでしょうか。

「ロット」は貿易特有の言葉というよりは製造会社(メーカー)で使われる言葉です。

大竹

商社や貿易会社の多くは製造会社と取引しているので、貿易事務の方も、知っておいて損はない知識ですよ。

LINEでお届け

ひとり貿易塾満員御礼にて開講中です。
次期の募集はLINEにて優先的にご案内いたしますのでご登録ください

LINE公式アカウント
友だち追加

LINEでお届け

LINE公式アカウント
友だち追加
セカワク公式YouTubeチャンネル
セカワク公式YouTubeチャンネル

この記事を書いた人

大竹 秀明 大竹 秀明 一般社団法人まじめに輸入ビジネスを研究する会 代表理事

1974年生まれ 神奈川県横浜市出身
元ビジュアル系メジャーギタリスト (EMIミュージックジャパン)から34歳の時に貿易家に転身。
資金や語学力がない初心者でもクラウドファンディングを活用した貿易物販ビジネスが構築できる『ひとり貿易』を生み出す。
これまでのプロデュース実績は累計700件・15億円以上。
ひとり貿易コンサルタントとして10年間で1万人以上に講演指導を行い、日本郵便やYahoo!、東京インターナショナルギフトショーなどでも講演。
Makuakeエバンジェリスト・CAMPFIREキュレーションパートナー・GREENFUNDINGパートナーと、史上唯一の3大クラウドファンディング公式パートナーを務める。
「セカイをワクワクさせる貿易家を生み出す」 を理念として精力的に活動中。

目次