貨物船が走っているスピードはどのくらい?

皆さんは、一般的な貨物船がだいたい時速何キロくらいで走っているのかご存知ですか?

大竹

今回は、貿易取引に使用する船の速度についてご紹介致します。

目次

コンテナ船の走行速度は意外と速い!

貨物船によってもその速度は異なりますが、最も高速船と言われるコンテナ船は時速44km前後、タンカーは時速27km前後で走っています。

皆さんが目にする港近くで走る貨物船は、おおむねこの速度よりもゆっくり走っているでしょう。
このため、「船はのんびり走っているんだな」と思われるかもしれません。
しかし実際には、一般道路を走る車と変わらないスピードで大海原を走っています。

ちなみに、神戸港から名古屋港までは約430kmありますが、この距離ならコンテナ船はだいたい10時間で到着することができます。
また東京港とロサンゼルス港間の約8,800kmという長距離も、9日間ほどで到着するということになります。
ただし、実際のコンテナ船のスケジュールでは、10日から2週間で到着としているものが多いです

「意外と速い!」と思うか、「やっぱり時間がかかるんだな」と思われるかは感じ方次第だと思います。
もし「意外と速いんだな」と感じて頂ければ幸いです。

海上の距離や速度を表す単位について

ところで、海上の距離を表す単位や船の速度を表す単位は、皆さんが普段親しまれているメートル法ではありません。
海上の距離は「海里(Nautical Mile)」という単位、船の速度は「ノット(knot)」という単位で表されます。

1海里は1,852m。船が1時間に1,852m進む速度を1ノットといいます。
なので、先程コンテナ船の速度は時速44km前後とご紹介しましたが、航海に関わる方々は、通常「時速24ノット」と表現しています。
ちなみに、タンカーの場合は時速15ノットくらいです。


今回は海上輸送する貨物船の速度についてご紹介しました。

コンテナ船の速度や輸送時間のイメージができたでしょうか?

大竹

貿易取引でのスケジュール感を掴むためにも、覚えておきましょう。

LINEでお届け

ひとり貿易塾満員御礼にて開講中です。
次期の募集はLINEにて優先的にご案内いたしますのでご登録ください

LINE公式アカウント
友だち追加

LINEでお届け

LINE公式アカウント
友だち追加
セカワク公式YouTubeチャンネル
セカワク公式YouTubeチャンネル

この記事を書いた人

大竹 秀明 大竹 秀明 一般社団法人まじめに輸入ビジネスを研究する会 代表理事

1974年生まれ 神奈川県横浜市出身
元ビジュアル系メジャーギタリスト (EMIミュージックジャパン)から34歳の時に貿易家に転身。
資金や語学力がない初心者でもクラウドファンディングを活用した貿易物販ビジネスが構築できる『ひとり貿易』を生み出す。
これまでのプロデュース実績は累計700件・15億円以上。
ひとり貿易コンサルタントとして10年間で1万人以上に講演指導を行い、日本郵便やYahoo!、東京インターナショナルギフトショーなどでも講演。
Makuakeエバンジェリスト・CAMPFIREキュレーションパートナー・GREENFUNDINGパートナーと、史上唯一の3大クラウドファンディング公式パートナーを務める。
「セカイをワクワクさせる貿易家を生み出す」 を理念として精力的に活動中。

目次