輸入ビジネス初心者でも成功できる『ひとり貿易塾』の魅力とは?

ひとり貿易塾の魅力

クラウドファンディングを利用することで、リスクを最大限に抑えて輸入ビジネスができる『ひとり貿易』。

そんなひとり貿易の生みの親である大竹秀明氏が、惜しみなく輸入ビジネスのノウハウを提供してくれる『ひとり貿易塾』。

貿易未経験ながらひとり貿易塾に参加した小峯が、ひとり貿易塾の6つの魅力をお伝えします。

小峯さん
社会人4年目の節目にひとり貿易塾に参加。現在は独立し、ひとり貿易家とWebライターとして活動しております。

目次

輸入ビジネスの全てがわかる充実のセミナー内容

ひとり貿易塾は、個人が貿易を始めるために必要なことを9ヶ月間で一括して学ぶことができます。

基本的には1か月に1度のセミナーグループ相談会があり、初心者でも十分に理解できるようなカリキュラムが組まれています。

ひとり貿易塾のセミナー内容(一部)

  • 国内クラウドファンディング、人気のジャンルについて
  • 貿易初めての方が扱いやすい商品
  • 海外メーカーへの営業、返信率を高める方法
  • 海外メーカーとのオンライン商談
  • 売れる商品ページ・タイトルとは?
  • 並行輸入品、Bluetooth、技適マーク、食品衛生法や薬機法など法律関係への対応方法
  • 貿易知識(MOQ、MSRP、OEM…)
  • 商品のターゲッティング、ポジショニング、価格、ベネフィットの考え方
  • 赤字を防ぐビジネスマインド
  • 賢い事前集客、クラウドファンディング中の広告運用について
  • お得な海外送金
  • 一般販売のためのブランディング
  • 個人でも販路開拓するには(卸売り、小売り、展示会)
小峯さん
貿易の知識0でも大丈夫です。私もはじめは何も分かりませんでした。

ひとり貿易塾に参加する前には、大竹秀明氏著書の「輸入ビジネス3.0」に目を通し、輸入ビジネスの全体像を掴んでおきましょう。

輸入ビジネス3.0

日本貿易振興機構JETRO(ジェトロ)の無料セミナーとの違いは?

輸入ビジネスに興味を持っている方は日本貿易振興機構JETROという民間組織をご存知の方も多いのではないでしょうか。実はJETROでも無料で貿易に関するセミナーを行っているんです。

しかしJETROのセミナーでは貿易事務の教科書的な内容は教えてくれますが、「配送が遅延しそうな場合はどうすればいいの?」「メーカーとの請求書でトラブルがあったんだけど・・・。」「税関からこんな連絡がきて対応方法が分からない・・・。」実際に直面しうる問題や内容は教えてくれません。

一方でひとり貿易塾は経験豊富な現役ひとり貿易家の講師が、輸入ビジネス初心者がつまずくであろうポイントを踏まえてセミナーを行なってくれるのです。

またセミナー以外でも、グループ相談会やチャットで自分が分からない点や相談したい内容をいつでも質問することができ、的確なアドバイスをもらえます。

未経験から個人で輸入ビジネスを行う方にとって、これほど役に立つ情報はないでしょう。

ひとり貿易塾の講師もされている内海さんの貿易家ストーリーはこちらをご覧ください。

実績ある代行サポートが利用できる

ひとり貿易塾では海外メーカー商談代行・翻訳・デザイン代行・広告代行・貿易事務代行・配送委託など、ひとり貿易に必要なさまざまな代行サポートが用意されています。

ひとり貿易塾が提供してくれる代行サービスは、数百人を超える過去の塾生達も使っています。そのため、ひとり貿易への理解も深く、経験豊富な信頼できる業者ばかり。安心して利用することができます。

英語ができなくても大丈夫!海外メーカー商談代行の体験談

私が実際に利用した海外メーカー商談代行の体験談をご紹介します。

とある中国メーカーとの商談の中で、メーカーから提示された条件は『最低注文数5,000個』。

商品単価が1万円を超える商品でしたので、最低注文数が5,000個だと5,000万円の仕入れ金が必要・・・。とても現実的ではありません。

しかし海外メーカー商談代行の通訳方は多くの実績を持つ方。「これはメーカーが有利な条件を取るために大げさな条件を提示しているだけだ」と見抜き、強気で海外メーカーと交渉してくれました。

その結果、最低注文数はなんと最初に提示された5000個から”100個”になりました。メーカーも納得の上、合意に至ることが出来ました。

小峯さん
ひとり貿易塾に入れば、こういった心強い代行を利用することができます。

その他にも、300件以上のプロジェクトを手掛けたデザイナーが、商品について詳しくヒアリングしたうえで商品ページを仕上げてくれる『デザイン代行』や、1年間で総額1億5千万円のプロジェクト広告を手掛けたクラウドファンディングに特化した『広告代行』もあるんです。

もちろん代行サポートはあくまでも選択肢の1つ。使っても使わなくても大丈夫です。

ただ、ひとり貿易塾で提供してくれる代行サポートは業界水準で見ても安価です。さらに不明な点や困ったことがあれば、大竹さんやひとり貿易塾の講師の方が助けてくれます。

輸入ビジネスが初めての方は、代行サポートを利用することで負担が減ることは間違いありません。 

トラブル時も安心の手厚いフォロー体制

ひとり貿易塾に入塾すると専用のチャットルームが用意されます。講義での不明点やトラブルが起きた時は、大竹さんや経験豊富なアドバイザーにいつでも質問ができ、即日回答がもらえます。

実際にあったトラブル事例をご紹介します。

クラウドファンディングで1,000万円以上集めたチタン製の商品がありました。

クラウドファンディングが終わり日本に届いた商品を確認すると、納品された半数が梱包が潰れ、商品も汚れていました・・・。状態の悪い商品を購入者に発送するわけにはいきません。

メーカーに連絡して代わりの商品を送ってもらえば良いのですが、そうすると確実に配送スケジュールは遅延し、購入者からクレームがきてしまう・・・。まさに四面楚歌な状況でした。

困り果てた状態で実行者がチャットで質問すると、すぐに大竹さんが配送業者に状況を確認してくれました。

すると汚れの大部分は拭き取ることができ、商品の梱包も倉庫で対応できることが分かりました。結果としてスケジュール通りに配送は完了し、お客様からクレームもほぼありませんでした。

輸入ビジネスには予期せぬトラブルが付き物です。輸入ビジネス未経験だと困惑してしまう内容でも、ひとり貿易塾なら万全のフォロー体制が整っています。

小峯さん
困った時に頼れる人がいるのは心強い!

輸入ビジネスの情報やノウハウを共有できる『仲間』ができる

ひとり貿易塾は毎回約100名の塾生が参加します。「情報はシェアしよう」という風土があり、実際に体験しないと分からないひとり貿易のリアルな情報がチャット内に溢れているんです。

小峯さん
卸売り業者の情報やお得な助成金の案内など、塾の期間中は毎日何らかの情報がシェアされていました。これだけでも他の貿易業の方と差をつけられます。

もちろん自分が手にした情報を塾内に共有するのは個人の自由です。しかし、皆でシェアする方が自身の成長にも繋がりますし、塾生同士の関わりも深くなっていきます。「ひとり貿易塾」に参加した際には積極的に情報をシェアすることをオススメします。

また、ひとり貿易塾はオフライン勉強会や卒業式など多くのイベントが開催され、講師や塾生同士が直接顔を合わせる機会もあります。

“ひとり貿易塾卒業式”では全国の受講生が集まりトロフィーと卒業証書が授与されました。塾というよりもはや学校ですね。

そのため塾の雰囲気が非常に良く、講師を含め貿易家同士の深い繋がりを築くことができます。

小峯さん
オンライン飲み会や懇親会が開かれるぐらい塾生同士は仲が良いです。

輸入ビジネスの成功に欠かせない『人脈』ができる

個人で輸入ビジネスを行う上で欠かせない『人脈』ができることも、ひとり貿易塾の大きな魅力です。

大竹さんからのご紹介や塾生同士の繋がりでどんどん人脈が広がっていくのです。

ひとり貿易生みの親『大竹秀明』の人脈をフル活用

大竹さんはMakuake公式のエバンジェリストであり、有名家電量販店のバイヤーさんとも深い交流のある方です。

そんな大竹さんの人脈をフルで活用できるのは、個人で貿易を行う上で非常に有利なことです!

例えば、ひとり貿易塾ではMakuakeの担当者に直接商品を相談できる「Makuakeツアー」があったり、有名家電量販店とのグループ商談会が開催されたりもします。

小峯さん
どちらも個人ではほぼありえないことですよね。大竹さんだからこそできる企画です。

私も2021年に行われた「Makuakeツアー」に参加し、担当のMakuakeのキュレーターさんと直接ご挨拶ができました。直接お会いできたことで信頼関係も高まり、プロジェクトでのやり取りもしやすくなりました。

Makuakeツアー
Makuakeツアーの記念写真 左:ユビケン代表の大竹秀明氏 右:小峯

またひとり貿易塾の塾生はユビケンが主催している東京ギフトショーの「クラウドファンディング・ラウンジ」にも最優先で案内されます。

日本中のバイヤーが集まる東京ギフトショーに『個人』で『格安』で出展できるのもひとり貿易塾に参加する大きなメリットです。

環境の違う塾生同士、それぞれのノウハウが活かせる 

ひとり貿易塾の仲間には個人で貿易業を営んでいる方から現役の大学生、さらには元警察官の方などもいらっしゃいます。

様々な環境の方と繋がることができるのも、ひとり貿易家にとって大きなアドバンテージになります。

実際に私は、画面クリーナーを扱った時には本職がカメラ関係のひとり貿易塾の仲間に意見をいただきました。

塾生との繋がり
塾生にコンタクトをとり、商品についての意見をもらいました

当初はメーカーが「カメラ」向けに作った商品でしたが、仲間の意見を参考にターゲットを変更して「スマートフォンやカメラの液晶拭き」としてクラウドファンディングをスタートし、目標額を大きく超える結果をあげることができました。

ディスプレイクリーナー『piccolo』
仲間の意見をもとにターゲットを変更したディスプレイクリーナー

小峯さん
人脈はあって困るものではありません。存分に活用していきましょう。

ひとり貿易塾は補助金の対象になる!お得な優遇や割引も有

受講料がネックとなり一歩踏み出せない方もいると思いますが、ひとり貿易塾の費用は補助金の対象になります。

さらにクラウドファンディングを実行する時には、大竹さんの紹介特典で『Makuakeでの審査の優遇』や『手数料の割引』を受けることもできるんです。

小規模事業者持続化補助金の対象

例えば『小規模事業者持続化補助金』などは相性が良い補助金で、塾代の費用が返ってきます。

塾内でも補助金の利用が推奨され、補助金に関する無料セミナーや実際に申請書を書き上げるためのワークショップも開催されています。

Makuake審査の優遇

日本最大のクラウドファンディング市場であるMakuakeには初回審査があります。最近は個人に対して審査が厳しくなっているんです。

せっかく商品を見つけてきても「審査に通らない!」なんてことは避けたいですよね。

ひとり貿易塾の生徒であれば、審査の際にMakuake公式エバンジェリストである大竹さんがフォローに入ってくれます。そのため審査に通らないという事態はほぼありません

手数料の割引特典を受けられる

クラウドファンディングサイトによっては、大竹さんの紹介特典で手数料の割引を受けることができます。

支援額によっては塾費用をまるまる回収!なんてこともありますよ。

輸入ビジネスの最高の環境を提供してくれる『ひとり貿易塾』

ひとり貿易塾は個人で貿易業を始めるには最高の環境です。

しかし1点だけ気を付けてほしいことがあります。

ひとり貿易塾に入っただけでは成功は掴めません。ひとり貿易塾に入ったのに何も出来ていない人がいるのも事実です。

ひとり貿易で成功するためには、ひとり貿易塾で得た知識や人脈を最大限に活かして、自ら行動することが大切なんです。

「3割の出来高でいいのでとにかく前に進みましょう。問題が起きたときは私たちが力になりますから」

これは塾生に大竹さんがおっしゃった言葉です。

私自身もなかなか商品が見つからずに、モチベーションが下がってしまう時期もありました。

しかし、この大竹さんの力強いお言葉があり、前に進むことができました。

せっかくお金と時間を払ってひとり貿易塾に入るならば、最高の環境を存分に活用しましょう。

もちろん初めて経験することばかりで、悩むこともたくさんあると思います。

しかし「こんな商品を待っていた!」など購入者から喜びのコメントをもらった時には、社会人の時には感じられなかった嬉しさがあります。

支援者からの喜びの声
購入者の声が何よりの喜びです。

あなたもぜひ「ひとり貿易塾」で一歩を踏み出しましょう!

LINEでお届け

ひとり貿易塾・第5期は2022年7月開講を予定しています。
受講をご検討の方はLINEにご登録ください

LINE公式アカウント
友だち追加

LINEでお届け

LINE公式アカウント
友だち追加
セカワク公式YouTubeチャンネル
セカワク公式YouTubeチャンネル

この記事を書いた人

元は普通のサラリーマンでしたが、『クラウドファンディング』というものと出会い、第二の人生をスタートしました!
Twitterのほうも更新してますので、覗いてみてください!

目次
閉じる