アジアの主要な貿易港まとめ!

今回は、日本の貿易相手国として共に発展していくアジア各国の主要港をご紹介しましょう。

実際に貿易の仕事に携わっている方でも、取引がなければ聞き慣れない港の名前もあると思います。

大竹

特に今回は東アジアに限定してご紹介しますので、この機会に知っておきましょう。

目次

アジア各国の港を知ろう!

では早速ですが、東アジアを中心に各国の主要な港をご紹介していきましょう。

中国の主要な港

・上海港
・天津港
・広州港
・青島(チンタオ)港
・寧波(ニンボウ)港
・大連(タイレン)港

国土交通省が発表した世界の貿易港湾取扱貨物量ランキング(2017年)によると、上位10港のうち6港が中国の港となり、第1位は上海港です。

中国の人口は世界の中でも13億人以上と断トツに多く、世界の人口の五分の一を占めるとも言われています。
また「世界の工場」と呼ばれるほど各国のメーカーの工場などがあるため、非常に市場規模が大きい国であることも納得です。

韓国の主要な港

・釜山(プサン)港

釜山港もアジアを代表する港の一つです。
半島の先にある港としての立地の良さがまず大きなポイントです。
そして、保税地域(関税自由地域)で事業を行う企業に対して法人税を減免するなど、官民一体になって港を発展させています。

シンガポールの主要な港

・シンガポール港

シンガポール(Singapore)港は貿易港湾取扱貨物量第1位の上海港に次ぐ、アジア最大級のハブ港です。
ちなみにハブ港(Hub port)とは、国際海上コンテナ輸送において、船社の基幹航路が就航する主要港(メインポート)の内、貨物を積み替えて目的地に輸送する中継拠点となる港のことです。

シンガポール港は1980年代後半から世界に先駆けて港湾業務のITインフラ化を進め、海上運送の中継拠点となる港であるハブ港として利便性の高い港づくりに力を入れてきました。
また港で取り扱う貨物の8割は、周辺諸国への積み替え貨物だと言われています。

マレーシアの主要な港

・ポートケラン港
・タンジュンペレパス港

マレーシア最大の港、ポートケラン(Port Klang)港は、マレーシアの首都・クアラルンプールより約40kmの場所にあります。
貨物の取扱量も多く、2017年度の港湾取扱貨物物量ランキングでは19位となっています。
ちなみに現地の言葉では、「ク」の音が「ケ」という音に近いため、ポートケラン(Port Kelang)と表記されますが、英語の正式名称はPort Klang(ポートクラン)です

また、マレーシアには、シンガポールにほど近いタンジュンペレパス(Tanjung Pelepas)港があります。
タンジュンペレパス港はアジア地域内の物流が活発になる中で、存在感を大きくしている港です。

タイの主要な港

・レムチャバン港
・バンコク港


タイ最大の貿易港は、レムチャバン(Laem Chabang)港です。
レムチャバン港はタイの首都であるバンコクの南東135kmに位置する港です。
しかし、もともと国際港として発展してきたバンコク港の水深が浅く、近代化する国際輸送に対応しきれないことから、1991年に開港しました。

ベトナムの主要な港

・ホーチミン港
・カイメップ・チーバイ港

ベトナムは、かつてフランスの植民地だったこともあり、サイゴン(現ホーチミン)の貿易港は古くから栄えてきました。

ホーチミン(Ho Chi Minh)港は、河口から約50km上流に位置する河川港です。
また、急増する貨物量に対応するため、ホーチミンの南東60kmにあるカイメップ・チーバイ(Cai Mei-Thi Vai)港も代替港として、大型ターミナルを続々と開港しています。

フィリピンの主要な港

・マニラ港
・スービック港

大小複数の島から形成するフィリピン最大の国際貿易港は、ルソン島中西部に位置するマニラ(Manila)港です。

マニラ港は大きな貿易港ですが、貨物がここに集中していました。
この混雑緩和のため、マニラから北西110kmにあるスービック経済特別区内の港に新しいターミナルを建設するなど、第二の貿易港づくりにも着手してきました。
実際スービック自由貿易港は、貨物取扱量は徐々に増えているようです。

インドネシアの主要な港

・タンジュンプリオク港
・タンジュンペラク港

インドネシアは、もともと1万7500余りの島から成る国のため、国際輸送だけでなく、国内輸送においても海運が重要な役割を果たしている国です。
インドネシア最大の貿易港は、首都ジャカルタに近いタンジュンプリオク(Tanjung Priok)港で、第二の港湾がスラバヤにあるタンジュンペラク(Tanjung Perak)港になります。


今回は東アジアを中心に、日本の貿易相手国として共に発展していくアジア各国の主要港をご紹介しました。

初めて聞く名前もあったかもしれませんが、知っておくと貿易実務の中で役立つ場面があるでしょう。

大竹

特に貿易実務に関わる方々は、各国の主要な港について少しずつ知見を広めておきましょう。

LINEでお届け

ひとり貿易塾満員御礼にて開講中です。
次期の募集はLINEにて優先的にご案内いたしますのでご登録ください

LINE公式アカウント
友だち追加

LINEでお届け

LINE公式アカウント
友だち追加
セカワク公式YouTubeチャンネル
セカワク公式YouTubeチャンネル

この記事を書いた人

大竹 秀明 大竹 秀明 一般社団法人まじめに輸入ビジネスを研究する会 代表理事

1974年生まれ 神奈川県横浜市出身
元ビジュアル系メジャーギタリスト (EMIミュージックジャパン)から34歳の時に貿易家に転身。
資金や語学力がない初心者でもクラウドファンディングを活用した貿易物販ビジネスが構築できる『ひとり貿易』を生み出す。
これまでのプロデュース実績は累計700件・15億円以上。
ひとり貿易コンサルタントとして10年間で1万人以上に講演指導を行い、日本郵便やYahoo!、東京インターナショナルギフトショーなどでも講演。
Makuakeエバンジェリスト・CAMPFIREキュレーションパートナー・GREENFUNDINGパートナーと、史上唯一の3大クラウドファンディング公式パートナーを務める。
「セカイをワクワクさせる貿易家を生み出す」 を理念として精力的に活動中。

目次