「EXW」インコタームズの中で最も買主の負担が大きい取引条件

貿易に携わっている方であれば、インコタームズという言葉をお聞きになったことがあるかと思います。

インコタームズは、11ある貿易に関する取引条件の総称で、それぞれの条件ごとに売主と買主の費用やリスクの負担範囲が異なります。

今回は、そんなインコタームズの取引条件のひとつ、「EXW」について解説していきます。
「EXW」の特徴は、11の取引条件の中で最も買主の負担が大きく、売主の負担が少ないことです。

大竹

それでは、「EXW」の詳細について確認していきましょう。

目次

最も買主の負担が大きい「EXW」

先述のとおり、「EXW」は最も買主の負担が大きくなる取引条件です。

「EXW」は工場渡しという意味であり、売主の倉庫や工場などの敷地内で買主に商品が引き渡され、その後のリスクと費用は買主が負担することになります。

輸出国内でのリスクと費用を買主が引き受けることになるのは、インコタームズの中でも「EXW」のみです。

ただし、輸出認可取得や輸出通関時に必要となる情報提供については、売主に助力義務が課せられます。
買主がどの時点からのリスクと費用を負担するのかを図に纏めましたので、確認しておいてください。

EXWの危険負担と費用負担の分岐点▼

輸出国手の輸送費や通関諸費用、輸入時の関税などは飼い主の負担となります。

買主として「EXW」で契約する場合は注意が必要

買主として「EXW」を条件として契約を締結する場合に気をつけなければいけないのが、「輸出国内での輸送や通関手続きを段取りできるか」という点です。

輸送や通関手続きの強い味方となってくれるのがフォワーダーです。

しかし、通常取引しているフォワーダーが必ずしも当該輸出国内での手続きを行えるとは限りません。

事前に必ず対応可能か確認し、万が一対応できないような場合は対応可能なフォワーダーを見つけるか、「EXW」以外の条件での取引を検討するようにしましょう。

一方、売主の立場で「EXW」を条件として契約する場合は、特段気をつけなければいけないことはありません。
通常どおりきちんと納品をすれば問題ありませんので、インボイスを作成して相手方から連絡があるのを待つようにしましょう。


今回は、「EXW」について説明させていただきました。

「EXW」は最も買主の負担が大きくなる取引条件です。

大竹

買主として「EXW」で取引する場合は、輸出国内での輸送や通関手続きを問題なく処理できるかを必ず確認してから契約を締結するようにしましょう。

LINEでお届け

ひとり貿易塾満員御礼にて開講中です。
次期の募集はLINEにて優先的にご案内いたしますのでご登録ください

LINE公式アカウント
友だち追加

LINEでお届け

LINE公式アカウント
友だち追加
セカワク公式YouTubeチャンネル
セカワク公式YouTubeチャンネル

この記事を書いた人

大竹 秀明 大竹 秀明 一般社団法人まじめに輸入ビジネスを研究する会 代表理事

1974年生まれ 神奈川県横浜市出身
元ビジュアル系メジャーギタリスト (EMIミュージックジャパン)から34歳の時に貿易家に転身。
資金や語学力がない初心者でもクラウドファンディングを活用した貿易物販ビジネスが構築できる『ひとり貿易』を生み出す。
これまでのプロデュース実績は累計700件・15億円以上。
ひとり貿易コンサルタントとして10年間で1万人以上に講演指導を行い、日本郵便やYahoo!、東京インターナショナルギフトショーなどでも講演。
Makuakeエバンジェリスト・CAMPFIREキュレーションパートナー・GREENFUNDINGパートナーと、史上唯一の3大クラウドファンディング公式パートナーを務める。
「セカイをワクワクさせる貿易家を生み出す」 を理念として精力的に活動中。

目次