生涯現役でひとり貿易を続けたい。新しい世界と出会える可能性を秘めた「貿易家」

現在、平均的な定年退職の年齢は60歳〜65歳前後。一方で、平均寿命は男性が 81.47年、女性が87.57年(参照:令和3年簡易生命表の概況。定年後の人生は20年近くあります。

定年後は、余暇を楽しむ方もいれば、これまで勤めてきた職場に再雇用される方、別の会社に再就職する方、また定年後に起業される方も増えてきています。

今回ご紹介するのは、定年後に再就職し、その後、複業としてひとり貿易に挑戦された前島 克治さんです。輸入ビジネスに挑戦したことで、リタイア後の人生がどのように変化したのかを伺いました。

プロフィール

前島 克治 さん(65)

60歳で定年退職し、現在は年金を受給しながら、貿易系の会社に週3日勤務。2021年7月より、ひとり貿易塾3期に参加し、輸入ビジネスをスタート。前職の経験やスキルも活かし、初のMakuakeでは1,000万円を超える支援金を調達。

目次

これまでの経験を活かして、やりがいのある仕事に挑戦したい

ひとり貿易塾に参加したキッカケは?

定年前はコピー機メーカーで海外との取引や物流に関わる仕事をしていました。とても働きやすい環境でしたが、やりがいにはあまり満足できなくて。定年後はこれまで培ってきた知識を活かしながら、やりがいのある仕事に挑戦したいと思っていました。

また、一般的に老後の三大不安と言われる「お金」「健康」「孤独」の問題を解消したいと思ったのも、輸入ビジネスに挑戦した理由の1つです。

ひとり貿易塾に惹かれたキッカケは、大竹先生のメルマガです。登録はしていたものの、1通も目を通していなくて。「削除する前に読んでみよう」とメールを開くと、「ここまで公開しちゃって大丈夫なのか」と心配になるほど濃厚な内容で、説得力があって。「この人についていけば、自分にもできる!」と思い、入塾しました。

実際に入塾してみていかがでしたか?

最初はあまりの情報量の多さに、消化不良になっちゃいました。講義にはなんとか付いていけたのですが、みんなが情報をシェアするチャットの量が膨大で、理解が追いつかなくて。

まずは仲間の活動を知ることはいったん置いておいて、自分の活動に集中することにしました。半年程そんな状況が続いたのですが、その後、面白いように独占販売権が取れるようになりまして。

それから、これまでのチャットを見返してみると、「なるほど!そういう意味だったのか」と、チャットを読むのが楽しくなりました。

独占販売権が取れるようになった理由は何だと思いますか?

独占販売権が取れなかった時は、Emailを使って海外メーカーにアプローチしていました。きっと、たくさん届いているであろうメールに埋もれてしまっていたのだと思います。

Emailを辞めて、メーカーのWebサイトのチャットから問い合わせをするようにしたところ、ほぼ100%の確率で返事がくるようになりました。

苦難を乗り越えて実行した初のプロジェクトで、1,000万円超の支援を達成

初めてのMakuake商品について教えてください。

ポータブル風力発電機です。この商品はYouTubeで見つけました。前職で二酸化炭素の削減にも携わっていたので、自然の力による発電には興味がありました。

また、当時Makuakeには太陽光発電はあったのですが、風力発電機のプロジェクトはなかったので、競合がいないのも魅力的でした。

独占販売権の締結からプロジェクト実行まで、順調に進みましたか?

独占販売権はスムーズに結べたのですが、その後は結構大変でした。

まず1つは、サンプルを取り寄せた時に、頼んだ商品とは全く違う商品が届きました……。「なんじゃこれ!」と出鼻を挫かれました。

2つ目は、商品の価格交渉に全く応じてもらえなかったことです。元々高額の商品だったので、この時はかなり絶望的でした。

そして3つ目は、メーカーとの価値観の違いです。メーカーのWebサイトやカタログ、商品パッケージに商品スペックが記載されているのですが、同じ商品なのに、全部違う情報が載っていて……。これはあり得ないと思い、ちょっときつめな言い方で「直して欲しい」と伝えました。しかし、メーカーの反応は「なんでそんなに強く言うの?」的な感じで。

さらに、そういったメーカーとのトラブルに追い討ちをかけるように、Makuakeからもエビデンスの提出を求められて……。

今更ながら、よくプロジェクト公開にたどり着けたと思っています。

様々なトラブルを乗り越えてのプロジェクト。Makuakeでの反応はいかがでしたか?

プロジェクトを公開して最初の10分は、支援者が0人のままで。価格の高い商品でしたので、このまま売れずに終わるのではと不安でしたが、最終的に、122人、1,000万円を超えるご支援をいただくことができ、感激です!

支援金が1,000万を超えた時には、「これだけ売れた後に、トラブルが起きたらどうしよう……」と、恐ろしさも感じましたが、Makuakeさんからの振り込みを確認して、ようやく安心できました。

購入してくださった皆様、本当にありがとうございます。

支援者への対応で工夫されたことはありますか?

お客様が不安に感じるであろうことを、先にこちらから言ってしまうことです。そうすることでクレームも最小限に抑えられます。

Makuakeの活動レポートを活用して、支援者の方が不安にならないように、配送状況や品質保証の登録方法などを事前にご案内しました。

商品の発送を終えた後も、プレゼントキャンペーンの告知や雑誌掲載の報告、次のプロジェクトの案内などを、活動レポートで発信しています。

Makuakeの活動レポートを活用して、状況を発信

初めてのMakuakeを終えてメーカーさんとの関係に変化はありましたか?

文化の違いを埋めることはなかなか難しくて、最初は思うことがあっても我慢していました。

しかし、Makuakeで結果を出したことで、メーカーも私のことをかなり評価してくれたようです。 それ以降は、私の無理な要望も聞いてくれるようになりました。

↓現在、INFINITE AIRの後継機をGreenfundingでプロジェクト実行中↓

LINEでお届け


まもなく「ひとり貿易塾6期」募集スタート!
LINEにて優先的にご案内いたしますのでご登録ください

LINE公式アカウント
友だち追加

LINEでお届け

ひとり貿易塾6期
まもなく募集スタート!

LINE公式アカウント
友だち追加
セカワク公式YouTubeチャンネル
セカワク公式YouTubeチャンネル

この記事を書いた人

1987年東京生まれ。大学卒業後、損害保険会社の営業事務を6年間経験。その後、夫の海外赴任に帯同するため退職し、1年間インド・ムンバイにて海外生活を満喫。帰国後は、「おうちで働く」を一つの軸に、ベビーマッサージの先生、Webデザインの勉強、物販のお手伝い、ブログ運営、様々なことに挑戦しながら、最終的に「ライター」の仕事に巡り逢う。現在の野望は「書く仕事を通して、人や物の想いを伝え続けること」。プライベートでは2児の母。

目次