海外商品をリサーチする際に重要な4つのポイント

今回は、クラファン物販において海外商品をリサーチする際に重要な4つのポイントを解説します。

クラファン物販では、魅力的で儲かる商品の発見が非常に大切です。

まずは儲かる商品の特徴を押さえつつ、ポイントを抑えていきましょう。

目次

儲かる商品の定義とは?

まずは前提として、儲かる商品の定義をご紹介します。

儲かる商品の定義とは、『C、L、V』の3点です。
日本語に簡単に直すと、

・C=コンパクト(小さい)
・L=ライト(軽い)
・V=バリュー(価値)

という意味です。
小さくて軽い上に付加価値が大きければ、輸入の際にも在庫管理の面でも非常にメリットが大きく、利益が出やすいですよね。

上記のポイントを抑えつつ、更にクラファン物販の商品リサーチの場合について考えてみましょう。

商品リサーチの際の4つのポイント!

売れている商品かどうか

まずはその商品が売れているかをリサーチしましょう。

そもそも海外で売れていない商品を日本で販売しても、売れにくいものです。
そのため、ある程度は売れている商品にターゲットを絞ることが大切です。

輸入規制対象の商品ではないか

法律上の問題で、日本に輸入できない商品があります。
例えば、毛皮やバッテリー、レーザーポインターなどがあげられます。

商品をリサーチする際には、あらかじめ輸入できない商品を抑えておくことが必要です。
よくわからない場合は、専門家に相談したり、経済産業省のホームページなどを確認したりして、勉強しておきましょう。

日本で既に独占販売されていないか

特に、かなり売れている商品は既に他の企業によって日本で独占販売されている場合があります。

もし自分が販売したい商品があれば、日本で独占販売されていないかを事前にきちんと確認しましょう。

軽い商品であるかどうか

意外と見落としがちですが、最初に述べたように、これも重要なポイントです。

重い商品だと送料だけで赤字になるなど、どうしても利益が出にくくなります。
商品が重くないか、送料なども考慮した上で輸入が現実的かどうか、よく確認しておきましょう。


以上が、海外から商品を輸入する際の4つのポイントです

これを意識してリサーチすることで、皆さんもより売れる商品を見つけやすくなります。

是非クラファン物販の商品リサーチの際に参考にしてください。

LINEでお届け


まもなく「ひとり貿易塾6期」募集スタート!
LINEにて優先的にご案内いたしますのでご登録ください

LINE公式アカウント
友だち追加

LINEでお届け

ひとり貿易塾6期
まもなく募集スタート!

LINE公式アカウント
友だち追加
セカワク公式YouTubeチャンネル
セカワク公式YouTubeチャンネル

この記事を書いた人

1988年大阪生まれ。カナダ留学と中国留学を経て、海外にて営業業務に従事。
帰国後に外資系ブランドの直営店にて販売業務を5年間経験。
2018年に卸流通企業へ転職し、海外事業部に配属。東南アジアでのバイヤー業務、オランダで1年間の駐在業務などを経験。
ひとり貿易塾を卒業後にユビケンにジョイン。貿易実務やスクール運営、広報、クラファンコンサル等を務める。

目次